交通事故に強い弁護士千葉県浦安のベスト3を見る前に

千葉県浦安で交通事故にあってしまった場合、あなたならどうしますか?

 

一般的には警察に連絡をし保険会社を通して示談交渉を進めていくと思います。

 

ですが、示談交渉は弁護士にお願いすると慰謝料(賠償額)が大幅に増額するのです。

 

千葉県浦安には交通事故を専門に扱っている弁護士事務所が多数ありますので、

 

実績や口コミをもとにランキング形式でご紹介します。

 

一般的にはあまり知られていない交通事故の慰謝料(賠償額)の設定方法や、

 

経験者の体験談も掲載していますので参考にして下さい。

千葉県浦安の交通事故慰謝料が少ない理由

千葉県浦安で交通事故に巻き込まれたときには、相手方に対して慰謝料等の損害賠償を請求することができます。この時、相手方の保険会社と示談に向けて交渉をするのですが、その際に、支払われる慰謝料の金額が思ったよりとても少なくとても多くの人が不満を感じます。

 

千葉県浦安で交通事故にあった時、なぜ慰謝料は少なくなってしまうのでしょうか?以下がその理由です。

 

保険会社の示す不利な条件に気づかない

交通事故の賠償金については、償い金は支払いの義務は任意保険会社にありますが、千葉県浦安の任意保険会社も損失を防ぐため、自分の支払いは当然のことながら、少なくしようとします。

 

そこで、保険会社は被害者との示談交渉に臨む際には理由をいろいろつけて、賠償金の金額を減らしてきます。被害者に法的知識がないと、不利な条件を提示されても示談を気づくことなくしてしまいます。

 

以上、千葉県浦安の任意保険会社は、基本的なスタンスとして保険料の支払額を抑えようとするため、慰謝料の支払い金も最少にされてしまうこともたくさんあるのですが、被害者は不利な条件を押し付けられたにも関わらず、気づかないため慰謝料が減ります。

 

任意保険基準で計算されている

慰謝料の金額が少なくなる理由には、慰謝料の計算の方法も関係しています。

 

被害者が自分自身で任意保険会社と示談に向けた交渉をする場合には、任意保険基準という計算方法を用います慰謝料を調べる方法には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3種類が存在し、前に挙げた任意保険基準のうち、中間の金額です。

 

自賠責基準に比べ高額になったけれども、弁護士・裁判基準に比べ大幅に安い金額になるのです。なので、被害者が任意保険会社と示談の交渉をする場合、裁判で認められているような高価な慰謝料の支払い金を受給できなくなります。

 

以上のように、千葉県浦安の任意保険会社は任意保険基準から支払う慰謝料を計算するので、支払われる慰謝料が低くなってしまいます。

 

後遺障害の等級認定が全くない

交通事故でできるだけ高く慰謝料の請求をするためには、極めて重要なのは、後遺障害の等級認定を受けることです。後遺障害とは、事故後に入通院治療を続けて症状固定しても、残ってしまった症状のことです。

 

後遺障害が消えないとその内容に応じて後遺障害慰謝料を請求できます。後遺障害には1級から始まって14級までの等級があり、認定等級に応じて支払いを受けられる後遺障害慰謝料の支払い金額が大きく異なります。

 

この時、被害者がひとりで応ずると後遺障害の等級認定を受けていなかったり、請求したにも関わらず、適切な等級の認定を受けられないことが多いです。

千葉県浦安の交通事故に強い弁護士ベスト3

千葉県浦安の交通事故専門の弁護士の示談交渉と慰謝料が増える理由

千葉県浦安で交通事故に遭われて慰謝料の請求をする際、金額が弁護士に依頼すると大幅にアップすることが多いです。このことは、慰謝料で用いる計算方法と弁護士による示談交渉のやり方がとても影響しています。

 

どうして弁護士に頼むともらえる慰謝料が上がるのでしょうか?今回は、千葉県浦安での交通事故を弁護士に依頼すると慰謝料が増額する理由と弁護士の示談に向けた交渉術が普通の人より秀でている理由を解説します。

 

慰謝料計算で使用する3つの基準

千葉県浦安での交通事故に遭った時、なるべく多額の慰謝料を請求する際には、慰謝料の算定方法が大切なポイントになります。千葉県浦安での交通事故における慰謝料の計算方法には、自賠責基準と任意保険基準だけではなく、弁護士・裁判基準の3種類があります。

 

自賠責基準とは何かというと、自賠責保険で損害賠償金を計算する時に使われるものです。

 

任意保険基準は、任意保険会社と示談交渉をする時、受け取ることができる損害賠償金を計算する際の基準です。弁護士・裁判基準とは、弁護士が示談交渉をしたり、裁判のために裁判所が使ったりする方法です。

 

3つそれぞれの基準によってはじき出された慰謝料は自賠責基準<任意保険基準<弁護士・裁判基準となります。

 

被害者自身で任意保険会社相手に示談交渉を行うには任意保険基準を使って慰謝料が決められてしまいますが、弁護士に示談交渉と訴訟を依頼すると、高額な弁護士・裁判基準で慰謝料を計算してもらえるので、慰謝料の金額がぐっと上がります。

 

慰謝料がどの程度アップされるのか

・入通院に拘る慰謝料について
弁護士・裁判基準を利用して慰謝料をはじき出したとき、具体的にどのくらい慰謝料の金額がアップするのかをお話しましょう。まずは入通院慰謝料について知りましょう。

 

入通院慰謝料は事故により入通院に関する慰謝料のことで、入通院の日数を元に加算されていきます。

 

たとえば、通院に3ヶ月かかった場合、任意保険基準で割り出すと入通院慰謝料は37.8万程度になりますが、弁護士・裁判基準を適用すると、53万円から73万円程度になります。

 

・後遺障害慰謝料二番目に、後遺障害慰謝料を見てみましょう。
後遺障害慰謝料とは、事故の被害によって後遺障害が残ってしまった時、その内容や程度を考慮して支払われる慰謝料のことです。

 

たとえば、むちうちの際に認定されることがよくある後遺障害14級の場合には、任意保険基準だと、後遺障害慰謝料は金額40万円になりますが、弁護士・裁判基準を使うと、110万円にもなります。

 

後遺障害6級は任意保険基準なら600万円ですが、弁護士・裁判基準の場合には1180万円受けれますし、後遺障害1級の場合だと、任意保険基準なら1600万円程度ですが、弁護士・裁判基準なら2800万円受け取れます。

 

・死亡した場合における慰謝料について
死亡慰謝料の場合にも弁護士基準を用いると慰謝料は上がります。たとえば、一家の支柱が死亡した場合には、任意保険基準ですと、1500万円から2000万円程度になりますが、大体53万から73万支給されます。

 

弁護士の示談に向けた交渉術が優れている理由

交通事故に遭った時に、示談交渉を弁護士に依頼すると慰謝料の金額が上がる理由は、弁護士による示談交渉術が優れているからです。

 

弁護士は、多数の交通事故事件を取り扱っており、相手側の任意保険会社による対応を予測して、最も良い論を組み立てることができます。また、法律に精通しているので、それらを駆使して被害者の有利に交渉をすすめていくことができます。

 

判例なども多数知っていますし、資料も豊富なので、関係事項や知るべきことがあればすぐに調べて、裁判の場合のことまで見越して示談の話し合いをすすめる技術を持っています。

 

以上から、弁護士の交渉術はとても優れているので、千葉県浦安での交通事故は弁護士に頼むと交渉を有利に進めて、最終的にもらえる慰謝料の金額が大きく上がるのです。

千葉県浦安の交通事故に強い弁護士の探し方と相談方法について

千葉県浦安で交通事故で被害を受けたら、相手方保険会社との示談交渉手続きを弁護士にやってもらうと、もらえる慰謝料がぐっとアップするなどの利点があるのですが、依頼するとき、どんな弁護士でも安心できるというわけではないです。

 

有利に示談をすすめるため、千葉県浦安での交通事故の交渉に強い弁護士を探ことが必要です。今回は、交通事故に明るい弁護士探しのポイントと相談方法について知っていただきたく思います。

 

ホームページの内容をチェックする

千葉県浦安での交通事故に精通している弁護士を探す時は、弁護士事務所のホームページに書いてあること知ることが大切です。ホームページで、弁護士事務所の特色がわかるものです。

 

ホームページ上、交通事故に関するの記載が多い事務所は交通事故事件をたくさん扱っていることがほとんどです。

 

事故後の手続きや用語集などの記事内容、弁護士のコラムのみならず、ブログなども目を通して、交通事故の内容に関する記述がわかりやすく充実している事務所を探しましょう。弁護士の今までの経歴も重要です。

 

交通事故関係の著作を出していたり、交通事故委員会に入っていたりしたことなどがある場合には交通事故に精通している弁護士である可能性が少なくありません。

 

事務所のホームページに「交通事故専門」との記載があったり、交通事故関係の無料相談を行ったりしている事務所も交通事故関係の事柄に積極的に取り組んでいることが多いです。

 

面談をして確認する

千葉県浦安の交通事故に精通している弁護士を見つけるためには、弁護士と実際に話し、確認してみることも重要です。ホームページの記述だけではどうしても情報に限度があります。

 

交通事故に強い弁護士は、相談をした際に、これからの手続きの流れや事件の目処などを明確に伝えてくれるものなのです。知っておきたいことを聞いた時に、明確でわかりやすい話や指南してくれる弁護士に手続きを実際にはしてもらいましょう。

 

関連資料をそろえる

弁護士とやっていく法律相談を有意義に進めるために、事前の用意も必須です。まずは、関連する交通事故の資料をそろえましょう。たとえば、以下のものは準備できるのであれば持っていくと良いでしょう。

 

1,交通事故証明書
2,事故状況の図面やメモ
3,交通事故が起こった場所の地図
4,相手の保険会社からの資料
5,こちらから送った書類のコピー
6,診断書
7,後遺障害認定通知書または決定書
8,修理見積書など(物損)

 

知りたいことをまとめておく

弁護士に法律相談に行く場合は、聞きたい内容を前もって箇条書きでも良いのでメモにしておくことが役立ちます。そうしないと、何を聞きたかったのかについて亡失することがありますし、とっさにどのようなことを聞くべきなのか思い起こせないことなどもあります。

 

すると、聞きたかったことを聞けずに後から悔やむことになります。それを防ぐため、前々から疑問点を明確にして、尋ねたいことを紙にまとめて行きましょう。

 

アドバイスを弁護士よりもらう際には、その紙に弁護士の回答内容を記載して持って帰ると、家に帰ってから後でも話の内容を確認することができるので役立ちます。

 

このように、千葉県浦安の交通事故に関する事件を依願する場合には、交通事故の事件に強い弁護士を見つけ、事前準備をして、相談に行きましょう。

千葉県浦安で交通事故に強い弁護士に相談!示談成立で慰謝料が増えた体験談

千葉県浦安で交通事故における被害者となったら、相手の保険会社に対して、示談交渉をする際には、弁護士に委託すると慰謝料が大幅にアップすることが多いです。実際にどの程度、慰謝料が増額ものなのか、体験談を通じてご確認ください。

 

次は、弁護士に協力を仰ぎ、示談が成立することで慰謝料がかなり増えた人の体験談をご紹介しましょう。

 

後遺障害等級認定で慰謝料が大幅に増えたAさん

Aさんは、千葉県浦安での交通事故の後、首の調子がおかしくなって、通院して治療をしていました。

 

しかし、病院に通う機関が3ヶ月くらいに差し掛かってきたところで、保険会社の方から「もう治療期間は終わりなので、示談交渉をしたい」と言われて、慰謝料として40万円もらえると言われました。

 

この対応に同意できずに、Aさんは弁護士と相談しました。そうすると、弁護士の方からは、きちんと症状が固定する時まで通院治療をして、後遺障害等級認定を認めてもらうよう、助言を受けました。

 

そこで、弁護士と示談交渉に向けて協力し、病院に通っての治療を症状が固定するまで6ヶ月の間、継続しました。このことで、入通院慰謝料は89万円に増額され、後遺障害慰謝料も110万円だしていただけたのです。

 

最終的な慰謝料としてAさんは、全部で199万支払われ、慰謝料が大きくアップしました。

 

弁護士基準の計算で、慰謝料が大幅に増えたBさん

Bさんは、千葉県浦安で交通事故に遭い手を怪我し通院して治療をしたのですが、症状が固定してからも親指の調子が回復しなかったため、後遺障害の9級だという認定を受けました。

 

すると、任意保険会社側から、後遺障害慰謝料の分、300万円の支払いと言われました。入通院慰謝料に関しては、入院1ヶ月これにさらに通院6ヶ月という期間で見積もって、
83.2万円と提案されたので、慰謝料は全部で383.2万円でした。

 

提案に納得できなかったBさんは、弁護士にアドバイスをもらったところ、弁護士なら弁護士・裁判基準で慰謝料を計算できるので、支払われる額が増えると提案されました。

 

それで、Bさんは弁護士に示談交渉をしてもらうと、慰謝料を弁護士・裁判基準を使って算定し、入通院慰謝料の支払いは149万円となり、690万円に後遺障害慰謝料が上がりました。結果的にBさんは、全部で839万円もの慰謝料を支給されました。

 

過失割合を少なくしてもらい、受け取れることができる慰謝料が上がったCさん

Cさんは、千葉県浦安での交通事故に遭って示談交渉をして200万円の慰謝料が発生し、両者が合意しましたが、向こうの保険会社から、Cさんの過失が40%もあると主張され、最終的に200万円×(1−40%)=120万円の支払いをすると言われました。

 

この過失割合が了承できなかったCさんは、相談して、示談交渉に向けて弁護士に依頼しました。そうすると、弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算してもらい損害賠償金額は300万円にも上がりました。

 

さらに、過失割合を30%にしてもらうことができ、最終的にもらえる慰謝料は300万円×(1−30%)=210万円に増えました。以上のように、損害賠償請求手続きを弁護士に依頼すると、ぐっと増額することが多いです。

 

千葉県浦安で交通事故に遭った時は、是非とも弁護士へ相談の上、示談交渉手続きを頼みましょう。